終わった曲を弾くこと

ピアノのレッスンの時に練習した曲というと
発表会で弾いた曲やタイトルの付いているような曲、
ばりばりの練習曲など、いろんな曲を弾いていると思います。

この過去に弾いたことのある曲って
楽譜を出してきたらすぐにパッと弾けるでしょうか?

全部を完璧に弾こうと思うと大変ですが
ある程度は、いつでも弾けてほしいな・・・と思います。


時々ね、あるんです。
今、弾いている曲の楽譜を前に戻ってみて
この曲、覚えてる?

と聞くと固まる子😁

すっかり記憶から抹消してしまうなんて
と~ってもモッタイナイ。

せっかく練習した曲です。
いつでも弾けるようにしておいてほしいものです(希望)

というのも、
自分の練習の成果だし、
練習していた時から考えると時間の経過とともに
自分自身が成長しています。

なので、以前に弾いた曲を、もう一度弾きなおしていると
そのときにはわからなかった曲の味に気付いたり
ここってこう弾くとキレイかも・・・。
フレーズの流れとか、注意されていたけれど
いまいちピン!ときていなかったことに気付けるチャンスでもあります
いつもいつも前に進むことばかり考えるのではなく
振り返ることって大切ですね。

PDCAですね。

PDCAとは
Plan(計画)
Do(実行)
Check(評価)
Action(改善)
の頭文字を取ったものです。
この4つのサイクルを繰り返し行うことで
継続的に今、していることの改善をしていく。

という感じ。

ピアノの練習も、PDCAを取り入れることで
もっともっと改善できるように思います😃

One thought on “終わった曲を弾くこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です