サクッと暗譜してしまうと・・・

小さい子ちゃんの練習している曲は、
8小節とか16小節とか、
短い曲が多いです。

毎日、きちんと練習していると
あっという間に曲を覚えてしまいますよね。


この覚えてしまうというのが、意外と難題で・・・。
しっかり練習しているから
あっという間に曲を覚えてしまう。

楽譜を見なくても弾ける。

楽譜を見ずに手を見ながら弾く。

楽譜を見ないから、読譜が弱くなる・・・。


一概に言えないかもしれません。

ですが、短い曲なので
あっという間に覚えてしまうので、
(先生がお手本弾いた時点で覚えてしまう子もいます)

読譜が面倒になっちゃうんですよね。




ですが、短い曲の間はいいけれど、
曲が長くなってきたら?

一気に全部を覚えることは難しくなってしまいますよね。


となると、読譜ができることが
とっても大事なんです。


でも、短い曲を練習しているときに
読譜練習ができていないと、楽譜を読むことが面倒・・・。


と、思ってしまうみたい。

読譜力が弱いと、練習するのに時間がかかってしまうし
サッと弾けないので楽しくない。


ピアノの練習じたいが面倒になる。
というような悪循環に陥ることも多いです。


では、読譜をしっかりするにはどうすれば?
というようなことを、メルマガに書いています。


子供たちが笑顔になるピアノレッスン

ご登録はこちらから ⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です