自分の言葉で話すこと


カラーセラピーと占い、
似てるようでちょっと違う。。。

と、よく言われます。


それはなぜなんでしょう?

カラーセラピーは占いじゃない


カラーセラピストさんが、よく言う言葉です。

そうなんです。
カラーセラピーは占いではありません。

なぜなら、選んだ色は、自分自身の中にあるものだから。
自分の中にあるものから、答えを引き出すから。


という感じかな?


なので、カラーセラピーのときには、
アドバイスはしないのです。

アドバイスは、第三者からのものだから。

ご自身の中にあるものを言葉にして、
自分自身を客観視して行動する。

そうすると、人と較べずに自分で考えて行動できます。

そうすると、人から言われて

え~?できるかな?無理かも?

というようなマイナスな感情ではなく、
自分で納得して行動できます。
自分自身の考え(思考)と行動が一致しやすくなるんですね。


そうしたら、モヤモヤ悩んでいたことも、
自分で変化しようと思えるようになるわけです。


言われてする行動と、自分から進んでする行動。

どちらのほうが効果があるか・・・わかりますよね😃

じゃ、占いは?

では、占いはどうでしょう?

タロットカードのようなものも、
私が相性鑑定に使っている宿曜占星術も占いです。



占いに来る人は、

〇〇で悩んでいるんです。どうしたら良いでしょう?

と、どうすれば良いのか?を、占い師さんに委ねてしまいます。


占い師さんは、
ではこうしましょう!

とか、
こんな行動を取ると良いですよ。

と、アドバイスしますよね。

でも、それでいい?

占いに来た人は、
言われたことをやってみたけれど、うまくいかなかった。

アドバイスもらったけど、気が進まなくて何もしなかった。

というような事もあると思うんです。


もちろん、アドバイス通りに行動して、
良い方向に進むならそれにこしたことはないです。


が、うまくいったとしても、うまくいかなかったとしても
鑑定に来られた方が、占い師さんに頼りっきりになってしまうのは
どうなんでしょう?

自分で考えて行動・・・できていませんよね?

自分の人生は自分のものです。

人に言われたことしかできないようじゃ悲しいと思いませんか?


アドバイスは聞くとしても、納得してからじゃないと・・・と思います。


占い鑑定するときに気をつけていること

私は、占い鑑定をするときに気をつけていることがあります。

それは、一方的なアドバイスにならないようにすることです。
鑑定に来られた方が、今後どうなりたいのか?
これからどうしたいのか?

じっくりお話を聞くことを大事にしています。

その上で、宿曜鑑定やタロットを使って
最善の方法を考えるようにしています。

占いというか、もしかしたらセラピーかな?
とも思いますが、
今まで鑑定させていただいてきた中では、
この方法が一番しっくりくる・・・という感じです。



どんな悩みも、答えはご自身の中にあります。
じっくり自分の気持ちと向き合うことで、
モヤモヤが晴れてくると思います。


1人ではなかなか自分と向き合うのが難しい・・・。

そんな時には、亀石に聞いてください。

どんな方法で向き合ってみますか?

カラーセラピーでも占いでも、
もしかしたら、曼荼羅アートがあなたの心を癒やしてくれるかもしれません。


まずは、気になる方法を試してみてくださいね✨

イベントやお問い合わせはこちらから ⇒

メルマガを発行しています。
亀石ってどんな人?な方は、メルマガで私のことを知ってください☆

音と色で心を育むメルマガ 登録はこちらから ⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です