ピアノ

ピアノ

ピアノで弾けるよ

こんにちは!河内長野市にあるピアノ教室Pianotte.の講師 亀石敦子です。絶対音感のレッスンをしている生徒ちゃん(年中さん)が、レッスンに来たときに、ピアノでポロンポロンと曲を弾いてくれました。 レッスンに来るようになっ...
ピアノ

どんな音楽を聴いている?

おはようございます。河内長野市にあるピアノ教室Pianotte.の講師 亀石敦子です。 今は、土曜日の朝です。今日は、何も音のない状態で、このブログを書いています。日常の中って、いろんな音がまわりにありますよね。そんな中、なんだか今...
大人のピアノレッスン

ピアノの最終目標は?

おはようございます。河内長野市にあるピアノ教室Pianotte.の講師 亀石敦子です。 ピアノの最終目標って?なんとな~く、ザックリした言い方ですが、ピアノのレッスンに通っていて、最終的にどうなりたいのか?というところって、実はあま...
大人のピアノレッスン

大人の方のレッスンは

こんにちは!ピアノ教室の亀石敦子です。 今日は、大人の方のレッスンがありました。 基本は月2回レッスンです 大人の方のレッスンは、毎週決まった日にお越しいただく・・・。というわけではなく、月2回レッスンが基本となっていま...
ピアノ

夏チャレ表彰!

すっかり報告が遅くなってしまっていますが、夏チャレが終了した生徒ちゃんたちへの表彰状を渡しています。 夏チャレ表彰! 実は、合間、合間に写真を取らせてもらっていたのに、こちらのブログでご紹介できないままになっていたので、ここで...
ピアノ

じっくり曲を分析する力

タイトル、カッコよく書いてみましたが、そんなに難しいことをするわけではありません。導入期のピアノのレッスンでの曲の分析だったり、ソナチネあたりの分析だったりのお話です。ということで、ピアノの楽譜って、曲によっては、全体に白かったり、全体に...
ピアノ

なんか違う気がする・・・

こんにちは!ピアノ教室の亀石敦子です。 レッスンに来たときに、練習してきた曲の途中の部分が、なんだかうまく弾けなかった。と、報告してくれた生徒ちゃん。でも、なぜうまく弾けなかったのかわからなかったんだそうです。じゃ、一度その曲弾いて...
ピアノ

誰かに聴いてもらう演奏

こんにちは。音と色で心を育むピアノ教室&カラーセラピスト養成講座講師の亀石敦子です。今年の夏も、発表会は開催できなかったので、レッスンの中で、いつもより少し背伸びをした曲を練習しています。そろそろ仕上がってきている子もチラホラ(o^^o)...
ピアノ

曲のイメージの絵

こんにちは。音と色で心を育むピアノ教室&カラーセラピスト養成講座講師の亀石敦子です。 ピアノのレッスンでは、今年の夏はいつもよりほんの少し背伸びした曲を・・・。というのをテーマに、1曲練習しています。Hちゃんが練習しているの...
ピアノ

いくつになっても始められるよ

少し前から80代の男性がピアノのレッスンに通われています。お孫さんからキーボードをプレゼントしていただいたそうです。せっかくプレゼントしてくれたキーボード。弾けるようになりたいと思いますよね!というわけで、レッスンに来てくださるようになっ...
ピアノ

親子で夏チャレ挑戦中~

少し前に、こちらでもご紹介した夏の楽しい思い出に~親子でカラーダイアリー~色育夏休み親子チャレンジ2021ですが、楽しんでいただけているようです😄ピアノのレッスンに来ていただいている生徒ちゃん親子が何組か、チャレンジしてい...
ピアノ

がんばるのはいつ?

先日、子供たちが笑顔になるピアノレッスンのメルマガで書かせていただいたんですが、ブログでもシェアします。 少し前にピアノのレッスンの時にあった出来事です。レッスンが終わった生徒ちゃんに、ママが言った言葉。今日は(レッスン)ち...
ピアノ

1ヶ月1冊ペースでテキスト終了!

音と色で心を育むピアノ教室&カラーセラピスト養成講座講師の亀石敦子です。先日、新しく渡したテキストをほぼ1ヶ月で終了!を、2冊続けて達成した生徒ちゃんがいます。普段から、よく練習しているので、余裕があったら、先に進んでもいいよ。とは、お話...
ピアノ

ピアノを弾くために必要な力

導入期のレッスンの中で鍛えていきたいと思う力はいろいろあります。いつも私がここでも書いている集中力想像力コミュニケーション力は、もちろんですが、それ以外にも、楽譜を読む力である分析力も、大事だなぁと考えています。たとえば、16小節くらいの...
ピアノ

絶対音感指導士養成講座STEP2でした

昨日は、絶対音感指導士養成講座STEP2を開講しました。ご受講くださったのは、東京の清松優記子先生 ⇒ 清松先生のホームページはこちら前回のSTEP1は3月。導入編の講座のあとの応用編について。絶対音感を身に付けるために必要なこと。さらに...
タイトルとURLをコピーしました